ゆるゆるなアコースティック・ロック

a0052854_12585429.jpgラテンやレゲェ、エスニック、ジャズ、ヒップホップなんかをごちゃ混ぜにして透明感あるアコースティックなサウンドに仕上げた「シム・レッドモンド・バンド」の2ndアルバムです。多種多様な音楽テイストをうまくブレンドしながらゆったりと流れるグルーヴを醸し出しています。ヴォーカルはリーダーのシム・レッドモンドとバンドの紅一点ユニート・カルーヨのツインヴォーカルで、曲によっては各自リードを取っているのですが、なかには美しいハーモニーを聴かせる曲もあり、バラエティに富んだ内容です。オーガニックなサウンドはアルバム全体に癒されるような感覚があり、そういったゆるい感じがこのバンドの持ち味になっているのではないでしょうか。オールマン・ブラザースやグレイトフル・デッドといったサザンロック好きな方から、ジャック・ジョンソンやドノヴァン・フランケンレイターなんかの新しいサーフミュージックを好きなかたまで幅広く受け入れられることのできるサウンドではないかと思います。シンプルな楽曲が多いですが、大人の聴くメロウなロックといった感じでオススメのアーティストです。よりルーツミュージックのテイストの強い1stアルバムもなかなかの秀作ですよ。

シム・レッドモンド・バンド 「Shining Through」 ’04発表
[PR]
# by beatnikshop | 2006-01-24 13:13 | MUSIC | Comments(0)

インナーにも使えるジャージトップ

a0052854_1240960.jpg春先の軽めのアウターとしても、今の時期にインナーとしても使い勝手のいいスポーツブランドのジャージトップが入荷してきました。もともとUKストリートスタイルのスポーツミックススタイルは好きなので毎シーズンユーズドのジャージは取り扱っています。やはりアディダス、プーマあたりの80年代頃のアイテムはデザインも抱負で一番ストリートにも落とし込みやすいテイストのものが多いですね。これからもジャージは引き続き提案していきますが、今年は今までとは少し趣向を変えて、ワークっぽいテイストのパンツなんかとのコーディネイトをオススメします。今まではデニムやミリタリーパンツなどとのスタイリングが一般的だっと思いますが、今年はよりリラックス感のあるスタイルが個人的にはしたいと思っています。そんなワークのテイストをバランス良くスポーツテイストであわせて見ると良さそうですね。個人でも愛用しているジャージがあるので、そろそろ活躍させていこうと思います。なにより、スポーツすることを前提に作られているものですから、素材には伸縮性もあり、着やすいんですよね。地味な色合いのものより、明るい色目の面白いデザインのものをチョイスしてジャストサイズで大人っぽくあわせてみてはいかがでしょうか。

ユーズド ジャージトップ アディダス、プーマなど各種 ¥5775
[PR]
# by beatnikshop | 2006-01-23 12:57 | 商品紹介 | Comments(0)

ヘヴィーシャンブレ-を用いた細身のワークトラウザー

a0052854_12303246.jpgベーシックなワークトラウザーをヘヴィーウェイトのシャンブレ-を用い、スマートな細身のシルエットに仕上げた「メイプル」のワークトラウザーパンツです。デニムのような表情ですがよりライトな素材感です。インディゴ染料で染めた糸を織り込んだ素材は穿き込むほどに色落ちとともにあじわいが増してきます。サイドにはオレンジの糸でのチェーンステッチによるトリプルの縫製が施され、シンプルな中にアクセントとして映えています。ワンウォッシュを施しただけの加工なのでインディゴ独特の深い濃紺が、細身のシルエットと相まって大人の雰囲気を醸し出しています。今季のメイプルならではの「ワーク過ぎないワークテイスト」が個人的にはだいぶ気に入っています。前にも紹介した「オキセン」や今シーズンのメイプルのパンツ類は僕個人がこれからしたいスタイルにずばりはまっています。洋服をシーズンごとの使い捨てにせずに、愛着をもって長く着てこそあじわいが増す男らしいアイテムを、遊びのあるコーディネイトで提案したいと思います。まだまだ、春物はこれからどんどん増えていきますが、まずは今シーズンのメイプルの新作を身に付けてもらえればウチのコンセプトが明確に分かっていただけると思います。

メイプル へヴィーシャンブレ-トラウザー M L ¥18690 SOLD OUT
[PR]
# by beatnikshop | 2006-01-22 12:52 | 商品紹介 | Comments(4)

ロックと聴くか、ソウルと聴くか?

a0052854_12111126.jpg今やアメリカロック界のセレブと化したレニー・クラヴィッツの5作目のアルバムです。5作目なんで「5」。安易ですねー。平成18年生まれの子供に「カズヤ」って名前付けるくらい安易です。ただ、内容の方はそんな安易なサウンドではありません。前作までのシンプルなロックから脱皮した当時のレニーの幅広い音楽性に根ざした名曲ばかりです。デビュー以降、ほとんどの楽器を一人で演奏したりプロデュースしたりするマルチな才能からジョン・レノンと比較され「黒いジョン・レノン」などと不名誉な?評価にて表されてきたレニーですが、このアルバムではもっと彼のルーツに根ざしたファンクやソウルのエッセンスが全体にちりばめられています。あたらしく導入した打ち込みやエレクトリックなサウンドも逆に新鮮でよりレニーの音楽性の広さが伺えます。ジョン・レノンからの影響も隠さず公言しているレニーですが、このアルバムではJBやスライ、マーヴィン・ゲイやカーティス・メイフィールドなどのニューソウルの大物からの影響が色濃く反映されているのではないでしょうか。とかく日本ではロックスターとしてのイメージが先行しがちなレニーですが彼の本来の音楽性はグルーヴを持ったブラック・ミュージックからの影響の方が大きいのではないかと思います。その音楽性をロックというフォーマットで表現したというのが彼のスタイルだと思います。レニー・クラヴィッツは好きだけどソウルなんか聴かないっていう人にも、これを機にソウルやファンクのカッコよさに興味を持っていただければうれしいですね。また、逆にブラック・ミュージックファンにも黒人のフィーリングをこういった形で表現できるロックミュージシャンがいるということにも気づいてほしいです。数あるレニーのアルバムの中でも一番好きなアルバムです!

レニー・クラヴィッツ 「5」 98年発表
[PR]
# by beatnikshop | 2006-01-21 12:47 | MUSIC | Comments(0)

ワークウェアの本格派ニューカマー「オキセン」

a0052854_1231102.jpg今シーズンはボトムスに関してはややゆったりとしたワークウェアテイストのパンツにトップスをジャストであわせるというリラックススタイルを提案しようと思っています。僕個人も昨年秋頃からダック素材のペインターパンツをちょこちょこ愛用していて、ワークテイストが気になってはいました。コテコテのワークスタイルというわけではなく、あくまでリラッックス感のあるスタイリングとしての、ゆったりしたパンツのコーディネイトを踏まえたワークテイストということで。今シーズンはメイプルからもややワークテイストのチノパンやシャンブレ-素材を使用したペインターパンツが出されていますが、今回紹介のブランドはアメリカの、より本格的なディテールを持つワークブランド「オキセン」です。アメリカを代表するワークウェアといえば真っ先に名前が上がるのはやはりカーハート、ディッキーズだと思いますが、このオキセンはワークウェアの本来もつタフなクオリティにプラスしてデザインの面で先述のブランドより新しいテイストを持ったブランドです。ダブルニーというオーセンティックなデザインながら、左の膝宛部分にはモバイルポケットを備えるなど、細かい点でこだわりのみえるブランドです。こういった本格的なワークブランドを本気のワークスタイルでコーディネイトするのではなく、サーフテイストのアイテムやスポーツテイストのアイテムとボーダーレスにバランス良くコーディネイトする大人のスタイリングを提案したいですね。生地はブラウンダック素材とデニム素材があります。どちらも穿きこむほどに風合いが増してくるので使い込むほど愛着の増すアイテムになることでしょう。夏には穿きこんだゆったりしたワークパンツにサンダルなんていう合わせ方もバッチリだと思います。大好きなワークアイテムですがあまり定番過ぎず、展開してるショップも少なく、クオリティの高いブランドなので今後はウチのお店としての定番アイテムとして紹介していきたいと思っています。

オキセン ダブルニ-ペインターパンツ デニム ブラウンダック W30、32,34 ¥12390 SOLD OUT
[PR]
# by beatnikshop | 2006-01-20 12:50 | 商品紹介 | Comments(4)

明るい色目で春を意識したコーディネイト

a0052854_13124180.jpg寒さもまだ続きそうですが、お店のほうには続々と春物の商品が入荷してきています。我慢して薄着をしないといけないということではないですが、ダークトーンがどうしても多くなっていたカラーリングよりも色目だけでも春を意識した明るいコーディネイトをオススメしたいと思います。上下をメイプルの新作でまとめ、足元には軽快な印象のヴァンズのスリッポンなんかいいですね。実際はこの上にアウターを着て、という感じですが、あえてアウターの提案はしません。この時期は皆さんやはりアウターよりはインナーやパンツに目がむく頃だと思いますので、寒い時のアウターは各自お手持ちのアイテムをあわせていただければいいのではないでしょうか。一見シンプルなスタイリングですがアイテムごとに遊び心があり面白いスタイリングだと思います。トップスのコットンサーマルもタイトではなく、ゆるい雰囲気がカッコイイです。これは僕もホントに気に入って着ています。パンツを選ばないデザインなのでデニムやカーゴパンツなどともあわせていただけ、この春はだいぶ活躍するアイテムではないでしょうか。七分袖なので腕周りのアクセサリーも主張できコーディネイトも幅広く演出できそうですね。シンプルなスタイリングの中に、昨年より提案しているイギリスはリバプールの「アングロレザークラフト」のレザークロスを重ね付けしてアクセントをもってきました。アングロはハンドメイドにこだわったレザー小物のブランドで今シーズンもより幅を広げて提案していくブランドです。気温も暖かくなって春っぽくなってくるのはまだ先だとは思いますが、少し暗めだったコーディネイトから気分だけでも明るい色目のものを増やしていってみてはいかがでしょうか。

トップス メイプル 七分袖ハニカムワッフルサーマル ¥11550 SOLD OUT

パンツ メイプル ヴィンテージチノトラウザー ¥14490 SOLD OUT
シューズ ヴァンズ スリッポン チェッカー ¥6825 SOLD OUT

アクセサリー アングロレザークラフト レザークロス ¥2100 
[PR]
# by beatnikshop | 2006-01-19 13:35 | スタイルサンプル | Comments(2)

ヘヴィーウェイトサーマルの七分袖カットソー

a0052854_1354080.jpg昨日、入荷したばかりのメイプルの新作です。素材はコットン100%のハニカムワッフル素材を使用しており、通常インナーに着るようなタイトなサーマルではなく、どちらかというとちょっと肉厚なTシャツといった感じです。オウトツのある素材に70’sな雰囲気がバツグンの多色のプリントが施され、ヴィンテージのような風合いが最高です!プリントのモチーフもメイプルならではの70年代のアメリカ西海岸の力の抜けたサーフテイストがうまく表現されています。形も7分袖なので今はインナーに、もうちょっと暖かくなってきたらダウンベストなんかとあわせても良さそうですね。しっかり編みこまれたコットン素材のハニカムワッフルサーマルは、プリントとともに着込めば着込むほどに味わいが増してきそうです。ネック部はリンガーで、ラグラン袖とカジュアルな雰囲気ですがプリントと素材感にこだわった高いクオリティが出ているアイテムなので、大人が着るカジュアルといった印象ではないでしょうか。今シーズもオリジナルの素材やプリントには随所にこだわりが見えるメイプルですが、春先に着るカットソーとしてはそのこだわりを一番感じていただけるアイテムだと思います。僕個人もかなり気に入っている商品なので幅広く着ていただけるようにサイズ展開もSMLのスリーサイズを用意しています。ご興味のある方は一度商品の方をご覧いただき、アイテムの良さを実感してみてください。

メイプル ハニカムワッフル 7分袖 オフホワイト ココア S M L ¥11550
[PR]
# by beatnikshop | 2006-01-18 13:22 | 商品紹介 | Comments(2)

98%ファンク!って書いてます

a0052854_1236298.jpgもうすぐファンクの父、ジェームス・ブラウン(以下JB)が来日しますね。音楽に興味が無い人でも彼の名前くらいはご存知だと思います。そのJBのファンク、ソウルサウンドを支えてきたバックバンドがJB’sで70年代にはグループ名義でも何枚かアルバムを発表したりしています。そのJB’sのホーンセクションの中枢を担った人物がアルト・サックスのメイシオ・パーカーです。バンドのリーダーはトロンボーンのフレッド・ウェズリ-でしたが、この2人のフロントマンが実質のJBサウンドの基盤になっていました。その後、ふたりしてJBの元を去り、一時期ジョージ・クリントン(パーラメントの項参照)と合流し、P-ファンクの黄金時代を支えました。その後、Pーファンクとも決別した彼らは一旦JBの元に戻ったりJB’sとしてミーターズと共演したりと現在に至るまでファンク、ソウル系のブラック・ミュージックの中心人物として活動しています。そんな彼らが1992年にJB’s名義ではなくメイシオ・パーカー名義で発表したライブアルバムです。ジャケットには98%ファンクなんて書いてますが、内容は120%ファンク!往年のJBファンクサウンドをこれでもかと畳み掛けてくる内容です。メイシオもフレッドも多くのファンク、ジャズのミュージシャンにリスペクトされていますが、最近は集まってこのような内容のファンクを演奏することは少ないようです。現在ではメイシオはプリンスのバックで演奏しているようですし、フレッド・ウェズリ-はもっと若い世代のソウライブなどとも共演していますね。とにかくファンクの熱いフィーリングを体験するにはもってこいのアルバムではないでしょうか。ゲストにはキャンディ・ダルファー(メイシオの弟子だそうです)なども参加しておりバラエティに富んだ内容です。ファンクってどんなの?っていう人にはこれを聴いてもらうのが一番分かりやすい回答です。

メイシオ・パーカー 「Life On Planet Groove」 92年発表
[PR]
# by beatnikshop | 2006-01-17 12:56 | MUSIC | Comments(4)

ベーシックな白のボタンダウンにワッペンをプラス

a0052854_12553314.jpg少し気は早いですが半袖のシャツの紹介です。おなじみ「メイプル」の春モノの新作です。ちょっと暗めの写真ですが、カラーは透き通るようなホワイトです。オックスフォード素材を使用したベーシックなシャツなのですが、随所にこのブランドならではの遊び心がプラスされています。まず左胸のワッペンですが、カレッジものを思わせるパイルワッペンが縫い付けられており、ワッペンにはブランドネームとコンセプトが刺繍でいれられています。これにより、シンプルな白シャツが肩の力の抜けたカジュアルな印象になりバランスの良いデザインになっていますね。あと、ボタンですが、全てのボタンはシャツと同じ生地で包み込んだ意匠ボタンになっています。普通のひらべったいボタンよりも厚みのあるボタンはデザイン上ボタンだけが浮いて見えるということもなく、よりシンプルな雰囲気です。このへんは遊びですね。まだ寒い時期ですので半袖は早いとは思いますが、そこはコーディネイトでカバーしましょう。同系色のサーマルなんかとレイヤードしてみると意外とカッコイイです。アイテムとしてはシンプルで上品なテイストでありながら、ワッペンや包みボタンでカジュアルな一面もあり、といった感じで、どんなスタイルにも案外合わせやすいのではないでしょうか。より暖かくなってきたら普通にデニムにあわせるだけでもカッコよくきまりそうですね。

メイプル オックスフォード B/Dシャツ M L ¥10290 SOLD OUT
[PR]
# by beatnikshop | 2006-01-16 13:12 | 商品紹介 | Comments(0)

メイプル 春のこだわりのレザー小物

a0052854_12485320.jpgシーズンをかさねるごとにアイテムの幅も徐々に広がってきたメイプルからこんなこだわりのレザー小物がリリースされました。上質な牛皮に製作段階であえて洗いをかけ、独特の風合いを出しています。本来、天然素材であるレザーには水は大敵というのが今までの常識ですが、ココ最近では特殊な加工により、わざと洗いをかけて出る風合いを生かしたデザインのモノも多くのブランドで見かけるようになってきました。このリングブレスもそういった洗いをかける事によって出る、レザー独特のクタっとした風合いをいかしたつくりになっています。製作段階で一度洗いをかけていることにより製品後も水への耐久性も増しています。リアルなサーファーに支持者の多いメイプルならではのアイデアですね。大きさも主張しすぎず、使い込んだ雰囲気のルックスはこれからのシーズンにコーディネイトのアクセントとしてはもってこいじゃないでしょうか。付けていくことによって出てくるアジも上質な牛皮ならではの雰囲気を味わってもらえると思います。比較的シンプルなデザインですので、春先はシルバーのインディアンジュエリーなんかとの重ねつけも良いですね。僕個人的にはシルバーのバングルとの重ねつけに挑戦してみようと思っています。

メイプル ウォッシャブルレザー リングブレス ベージュ、ブラウン、ブラック ¥6090 SOLD OUT
[PR]
# by beatnikshop | 2006-01-15 13:05 | 商品紹介 | Comments(6)