マイルス・デイビス 「オン・ザ・コーナー」

a0052854_13335353.jpg洋服と音楽のブログと称しておきながら今まで音ネタはまったく紹介していなかったので今日はまず、手始めに洋服との2本立てでスタートしようかな、と思いまして、今回こちらのアナログレコードを取り上げてみました。手始めにと言いながら薦めるアルバムですが、日本国民1億3千万人のうち1億2千999万人の人には理解不能を通り越して気持ち悪い音学だと断言します。マイルス・デイビスに関してはジャズの世界では超有名な人ですから名前くらいは知っている人もいると思いますが、日本人の多くの人がイメージしているジャズだと思って聴くとエライ目にあいます。それどころかこのブログを見て買ったりしてしまうと薦めたこっちがあやうくキチガイ扱いされてしまう可能性大です。だから、買わないでください!だからといって、このアルバムが駄作なのかというとまるっきり逆で、長いマイルスのキャリアの中でも名作にあげられるアルバムなんです。一般にこの頃のマイルスはそれまでのアコースティックなバンド編成を一変、各楽器を電気化、いわゆるエレクトリック・マイルスと呼ばれる時代に突入していまして、1970年以降の刺激的なジャズシーン(その後のフュージョンやジャズファンク、アシッドジャズ)の一歩も二歩も先をひた走りしていたわけです。だからといって何度も言いますがけして買ってはいけません。マイルス的なファンクビートを取り入れてはいますが、間違っても踊れるような音楽ではありませんし、ましてや気取って聴けるジャズでもありません。でも、僕はこのアルバムはものすごく好きです。愛聴しています。昨今のクラブシーンでもネタとして多くのDJからも支持されているようです。‘72年発表ですが、21世紀の今聴いてもまったく古くさくなく、逆に当時のマイルスの思考を考えると怖くなるくらいの内容です。ただ、こんな僕もやっと意味がわかったのは最近なんですよね。買ってからはもう5年以上経ちますが。他にもマイルスでオススメのアルバムは多数ありますが全部これ以降のエレクトリック・マイルス時代のモノなので、また機会があれば紹介します。最後に。興味がある方は、店の方まで来ていただくと聴いていただけますのでくれぐれも、先走って買ったりはしないでください。ホントに気持ち悪いですから。

マイルス・デイビス 「オン・ザ・コーナー」 ’72年発表
[PR]
# by beatnikshop | 2005-11-02 14:09 | MUSIC | Comments(0)

ベルト付いてます

a0052854_1111341.jpg「ZーBRAND」と書いてジーブランドと読みます。けして、ゼットブランドと読まないように!恥かしい思いをしますので。2004年スタートのニューヨークのブランドで、まだまだ新しいブランドなのですがアメリカでのショーに出展されるやいなや、本国を問わず、ヨーロッパやここ日本でも注目を集め、有名セレクトショップなどでこぞって取り扱いがスタートしているようです。とはいえ、僕自身にはそんなことにはまったく感心が無くて、うちの店で取り扱うようになってから知ったんですけどね。コレクション全体を見ると、ダークトーンのカラーを基調に、ミリタリーベースの加工デザイン物が得意なようで今回アップしたコンバットツイルパンツも良く見ると直しを入れたような加工や、いやみじゃない程度で自然なダメージ加工など、なかなか手の込んだ仕上がりでサンプルを見た時点でかなり気に入ったアイテムです。もともと、商品が納品された状態は、紐でぐるぐる巻きにされており、ほどくと画像のようにシワシワになっているのですが、それもまた、自然な風合いで結構穿くと大人っぽかったりします。しかもすべてのパンツにダブルホールのベルトが付いていてなんだかちょっとお得な感じもします。このベルトもおまけって感じではなくパンツの着古したような雰囲気には意外に合ってたりして、デザイナーのこだわりが垣間見えるポイントですね。パンツのデザインのベースはその名の通り、アメリカ軍の歩兵用のパンツをモチーフにしており、やや太めのシルエットですが、ブーツなどとの相性は良さそうです。とにかく実物はホントにカッコイイですよ。こんな、ミリタリーテイストのパンツにあまりシンプル過ぎず、遊びのあるアウトドア物のアウターなんかをトップスに持ってきて、っていうスタイルが今季のウチのオススメスタイルですね。

Z-BRAND コンバットツイルパンツ ブラック サイズ 30 32 34 ¥15540 SOLD OUT
[PR]
# by beatnikshop | 2005-11-02 11:41 | 商品紹介 | Comments(0)

冬なのにサンダルwithフリースSOX

a0052854_12123514.jpgもう11月です。今年も残すトコあと2ヶ月になってしまいました。来年は平成も18年。もうテレビのニュースで故小渕元総理が「平成」という額みたいなの持ってから18年になるんですね~。時の経つのは早いですねぇ、ホントに。しかし、11月だというのに大阪はまだまだあったかい日が続いてます。朝晩は肌寒いのですが昼間は20℃前後と過ごしやすく暑いのも寒いのもキライな僕には今が一番良い季節なんです。普段の格好もほぼTシャツで過ごす夏や、アウター着て終わりって感じの真冬と違って、いろんな重ね着やスタイルを楽しめる服好きな人はコーディネイトがオモシロイ季節ですよね~。それで、最近結構マイブームでオススメなのが今回のビルケンにフリースのSOXの組み合わせなんです。週のうち4,5日は足元はほぼ、このスタイルです。思えば、ビルケンのサンダルとの出会いも今をさかのぼること9年くらい前だったかなぁ。当時、働いてたアパレル会社の社員旅行で行った、カリフォルニアのサンタモニカで初めて買ったのが最初でした。あの辺の観光地のベイエリアでは観光客が多いので商店街のような大通りが夜の11時くらいまで開いてるんですね。で、その中にあったビルケンシュトックの専門店でパープルのスウェードのモデルを展示品かなんかで、安く買ったのを覚えています。それから残りの4,5日はずっとそのサンダルで過ごしたものです。もともと、ドイツで医療用に開発されたもので履き心地はバツグン。最近なにかで見たのですけど腰痛の治療などにも効果があるらしい。西海岸の人たちは1年のほとんどが温暖な気候ため素足でいる人が多く、ビルケンの履き心地のよさが70年代に爆発的な人気となりアメリカに定着したんですね。時代的にもヒッピーブームが起きた頃で当時の若者や、ヒッピー文化を代表するミュージシャン(有名ドコだとグレートフルデットのジェリーガルシア)などに愛用されたようです。日本にはドイツから入ってきたのではなく、アメリカの文化として紹介されたようですね。アメリカではじめてビルケンに出会った僕もそれ以降はずっとビルケンのファンです。そんなお気に入りのアイテムを夏限定にしちゃうのはもったいなくて冬でも履けるように考えた末、行き当たったのがアウトドア用のフリースSOXでした。昔はジミな無地モノばかりでしたが最近はポップな柄モノもあり一段と冬サンダルを楽しめるようになりました。実際、あったかくて履き心地も良いですよ。夏に買ったサンダルを冬だからって下駄箱にしまわずにちょっと工夫して履いてみるとまた違った魅力にきずくかもしれませんよ。

ビルケンシュトック チューリッヒ グレー サイズ 41 42 ¥15750 SOLD OUT

Aコーン フリースSOX サイズ M L 柄なん種類かあります ¥3045
[PR]
# by beatnikshop | 2005-11-01 13:00 | 商品紹介 | Comments(0)

15年前と変わらないスタイル

a0052854_1155262.jpg思い起こせば15年前、九州の温泉で有名なとある町で生まれ育った僕は高校生でした。今ほどインターネットやいろんなメディアもそれほど発達してなかった当時は、ファッションや好きな音楽はものすごく少ない情報を駆使して探したり調べたりしていたんですねぇ。そのころバンド少年だった僕(今でもバンドはやってます。今はバンドおじさん)は、好きなミュージシャンの格好を自分なりに真似したりして、若いなりのおしゃれを楽しんでいました。特にその時一大ブームとなったニルヴァーナを中心とするグランジブームには密かに音楽的にも、ファッション的にも少なからず影響は受けました。まぁ、結成していたバンドとしてはまったくグランジなんてものの影響はなかったのですが、メンバーには内緒でこっそり練習したりしてましたね。もの心ついて初めてリアルタイムで経験したグランジというブームにやられたのは確かです。それで、そのバンドのギターヴォーカルの有名なカート・コバーンという人の格好を雑誌の写真なんかで見ていると、なんだか破れたぼろぼろのジーパンに汚らしいネルシャツ、靴はコンバースのジャックパーセル履いて髪はボサボサだし無精ヒゲでいかにも何日も風呂なんてもんには入ってません!って感じ。だけど無性にただただカッコ良かったのは覚えています。今、考えるとフツーのアメカジですよね。でも生き方がカッコ良い人は何を着てもカッコ良いという典型でしょう。その逆もまた然り。その後、カートは思いのほかナイーブな性格だったが故にピストルでの自殺をはかり帰らぬ人となってしまいました。でも、今でも事あるごとに出てくるグランジスタイルといえばやはりカートのスタイルが代表されるものではないかと思います。で、話を僕の高校生当時に戻しますと、やはり影響されたもので、ジャックパーセル履いてネルシャツ着てました。ミーハーです。お金の無い学生には少ない小遣いでできる身近なスタイルでもあったわけです。それから15年ほど経った今でもネルシャツは変わらず愛用しています。毎年、2,3枚は買い足し秋口のこのシーズンには欠かせないヘヴィロアイテムです。しかも古着でしか購入したことが無いのです。ウチのお店では新品のウェアに加え定番的なユーズドもセレクトの一環として提案しています。特にオススメは「ビックマック」や「ファイブブラザー」といった古着の中でも定番のブランドのへヴィーウェイトネルですね。別にグランジのスタイルを今更提案しているわけではないのですが、僕個人がそんなキッカケでいまも変わらず愛用しているアイテムなのでやはり毎年これからもこのシーズンはオススメしたいと思いますね。

ユーズド ヘヴィーウェイトネルシャツ ¥4095
[PR]
# by beatnikshop | 2005-10-31 11:59 | 商品紹介 | Comments(2)

流行に流されない最良のプロダクト

a0052854_12133534.jpg日本のカジュアルシーンには何年かに一度ブームと呼ばれる現象がおきます。いわゆるハヤリですね。記憶にあるとこだとレプリカブーム、ヴィンテージブーム、ミリタリーブーム、最近だと古着ブームなんて漠然としたものまで様々。なかでも、個人的に一番思い出深いのが今から7,8年前におきたアウトドアブームですね。本来アウトドアウェアは雪山登山やロッククライミングなど本気な人たちを支えるためのギアとして開発されてきたものばかりです。例をあげると軍にも採用されたゴアテックスやユニクロでおなじみのフリースなどなど。もともと自然の中にいても溶け込む発色の良いカラーや高い機能性が一部のファッションピープルに認められ徐々に街着として浸透していったわけですけども、雑誌やその他メディアの持ち上げで「あっ」というまに大ブレイクしたわけです。それからというものブームに便乗してマイナーなアウトドアブランドからアウトドアテイストの洋服まであとはブーム終焉を待つばかりの飽和状態だったのを当時の僕は冷ややかに観ていた記憶があります。先日、そんなアウトドアブームを牽引していた大阪のアウトドア専門ショップが悲しいことに無くなってしまいました。これも時代なんでしょうかねぇ・・・。確かにブームの際に売れていたブランドのなかでも本当に長いスタンスで本気のウェアを作っていたのはほんの1割くらいではないでしょうか。残りの9割はブームに便乗したど~しようもないブランドだったと思います。個人的にその本気の1割に確実に入れたいブランドはパタゴニアと今回アップした「ワイルドシングス」くらいですね。この2つはもう何年も冬場は愛用しています。とくにワイルドシングスのこのプリマロフトJKTなんかはダウンのようなモコモコ感もなく、なおかつダウンより暖かいという夢のようなハイテク素材で、これをハヤリじゃないからといって着なくなっちゃう人は「もったいないことしてるよ!」と声を大にして言ってあげたくなっちゃいます。昨年に続きウチではリバーシブルでクレイジーパターンと単色が楽しめるプリマロフトJKTを展開しております。こんな遊び心のある配色ならコーディネイトも楽しくなりますね。ちなみに個人的に去年も今年もすでに購入済みです。昔、着てた人も流行やブームに関係なく本物として残っていく洋服としてとらえていただき、モノの良さを再認識してもらえるとうれしいですね。そして初めて着る人には「着なきゃもったいないよ!」とまたまた声を大にして言ってあげたいです。

ワイルドシングス プリマロフトJKT サイズ M L アメリカ製 ¥31290  SOLD OUT
[PR]
# by beatnikshop | 2005-10-30 13:24 | 商品紹介 | Comments(0)

サージェントのセールスマンにはまいった・・・

a0052854_1223994.jpg創業が1899年だそうで。日本はまだ明治時代ですよ。昭和も大正も通り越して4世代も前なんですねぇ。そんななが~い歴史のある「アルフレッド・サージェント」に昨年に引き続きウチが別注をかけて造ったレザーブーツです。昨年もイギリスの老舗らしからぬアメリカンワークテイストで別注したところかなり評判が良かったのでまたまた調子に乗っての登場です。サージェントといえば毎年2回本国イギリスからセールスマンがやってきて日本でいろんなメーカーさんやショップさんからオーダーを受注して帰っていくわけですが、このセールスマンに以前トホホな目に合わされたことがありまして。今年の1月にいつものようにアポをいれて商談場所であるホテルに朝早くに出向いたのですが寝てるんだか、外出してるんだかで一向にコンタクトが取れずにロビーで2時間ほど待ってコーヒーだけ飲んで帰ったという思い出があります。あれにはまいりましたね~。その後5月に再会した際にはそんなことなんかすっかり忘れられてました。がっくし。で、その時に気を取り直して別注したのが今回のレザーブーツです。前回とはまた違ったアプローチにしたかったのでクラシックな英国テイストを出しつつ素材で遊びを加えてます。カタチはサイドゴアです。つま先とヒール部分のメダリオンが入ったポイントをエナメル、その他の部分を上質なガラスレザーと、全体に光沢感をだしシックなブラックで統一感を出してます。ソールも日本の道路事情をふまえクッション性の高いクレープソールにしてます。元々、ここのブランドはハンドメイドとマシンメイドの使い分けがとてもうまく独自の生産ラインによりハイクオリティーでリーズナブルという靴好きな方にも納得いただける靴メーカーです。なにより先にもふれたように創業が106年前という事実がブランドの品質の良さを物語っていますよね。ただ、そんな歴史あるメーカーにもかかわらず柔軟な姿勢をもっており、ウチのようなちっさい店でも別注を受けてくれたりする懐の深さもあります。だから、そんなに怒ってないよ、セールスマンのおっちゃん。まぁ、かなり良いできばえですので興味のある方は是非履いてみてください。

アルフレッド・サージェント別注ブーツ ブラック サイズUK7h、8、8h ¥45990 SOLD OUT
[PR]
# by beatnikshop | 2005-10-29 12:48 | 商品紹介 | Comments(2)

「BEATNIK」ってどういう意味ですか?

a0052854_1215485.jpgっていう質問をオープン以来2万回は聞かれました(ウソ)。そもそもBEATNIKは本来は「ビートニク」と読みます。お店の名前にするときにキャッチーさをだす為に勝手に「ビートニック」にしちゃいました。元々60年代のNYのアンダーグラウンドカルチャーを指した言葉で前衛的な文学(ウィリアム・バロウズ、アレン・ギンズバーグ、ジャック・ケルアックなど)やジャズなどその後のアンディ・ウォホールなどのポップアートにも影響を与えた一大ムーブメントなんです。それで、当時の若者はというと仕事もせずに一日中酒を飲みイケナイことしたりジャズを聴いてたりと今でいうニート君みたいな感じだったんですね。そういった若者を当時はビートニク・ジェネレーションと呼んでいたのです。それで僕も好きな洋服に囲まれて一日中ジャズを聴きながら楽しく仕事ができれば、という思いでお店の名前に決めました。一応そんな感じで店名にも由来があるのですがやはり扱う商品にも何か伝えられるバックボーンがあるようなアイテムを提案したいという思いで毎シーズンせっせとこだわりのあるブランドを紹介させていただいておりまする。今回はオープン以来ウチの顔のようなブランドで東京の「メイプル」というブランドの今季のL/S teeをアップしました。ネックと袖のリブはウール仕立ての切り替えしになっていてボディーもハリのある着心地のいいコットン素材です。カラーもシャレてて気に入って個人的にはヘヴィーローテで着ています。写真には写ってないですが後ろにもセクシーなプリント有り!メイプルに関しては近々ブランドの紹介をさせていただきます。今日はこんな感じかな。まだまだ不馴れで時間がかかる投稿ですががんばっていきますのでよろしくお願いします。

メイプル L/S tee ホワイト、ブラック、パープル M L ¥9240
[PR]
# by beatnikshop | 2005-10-28 12:04 | 商品紹介 | Comments(0)

BEATNIKです。ブログはじめてみました。

a0052854_20182327.jpg大阪は新町のBEATNIKという洋服のセレクトショップのしがないオーナーです。31歳です。えへっ。やや乗り遅れた感はありますがブームに乗ってブログをはじめちゃいました。お店で取り扱う洋服や大好きな音楽の話などを日常の出来事をまじえ自己中心的に勝手にわがままに紹介していこうと思います。本人は極めて真剣に毎日更新をめざしておりますがもし万が一気力、体力、時の運が続かない場合はご容赦ください。とりあえずわかんないことばっかりで友人のN藤君に色々教えてもらいつつ初回はなんとかショップの画像をアップしました。ちょっと暗いな~。まぁ夜なのでこんな感じです。と、こういうゆるい感じで明日以降はがんがん投稿していきたいと思いますのでよろしくお願いします。
[PR]
# by beatnikshop | 2005-10-27 20:42 | Comments(6)